TOP >  まつげエクステとは

まつげエクステ

まつげエクステとは?

まつげエクステとは?

まつげエクステ(まつげエクステンション)とは自分のまつげに1本ずつ人工のまつげを専用グルー(接着剤)で装着していく技術のことで、つけまつげとは異なります。
1度装着すると2~3週間はキレイな状態が保たれます。もちろん、顔を洗っても大丈夫で、少しひっぱった位では、はずれません。つけまつげは、まぶたにグルー(接着剤)で付けていきますが、まつげエクステはまつげそのものに付ける為、まぶたには触れませんので、皮膚が弱い人でも装着可能です。

まつげエクステの付け方

まつげエクステの付け方

まつげエクステは、自まつげそのものに装着していくので、まぶたなどの皮膚に接着剤がつくことはありません。
自まつげの根元から、0.5mmから1mmほど離して装着していきます。これは、まつげエクステがまぶたに当たる危険を避けるための大事なポイントです。まつげエクステがチクチクする場合は、この離す距離が短かったり、根元がしっかりまつげに沿って付いておらず浮いてしまっているのが原因です。

横から見たまつげエクステ装着例
横から見たまつげエクステ装着例

まつげエクステを装着するタイミング

まつげエクステを装着するタイミング

まつげは髪の毛と同じように「成長期・退行期・休止期・脱毛」という毛周期繰り返しています。
たくさんの種類のまつげエクステがありますが、基本的な装着方法は同じで、まつげの本数を減らさない為にもまつげエクステは毛周期にあわせて装着していくのがポイントになります。
また、まつげの構造も髪の毛と同様に層になっており、毎日のケアで艶や弾力を生み出すことが出来ます。

まつげの毛周期

※まつげエクステ装着に最適な時期は、成長期~退行期の間です。時間が経過しても地まつ毛があまり伸びないので、接着部分と根元の距離が離れにくく、長くエクステをお楽しみ頂けます。

まつげエクステ施術風景

まつげエクステをキレイに保てる期間

まつげエクステをキレイに保てる期間

まつげエクステのキレイに保てる期間はまつげの成長にあわせて2~3週間といわれます。
まつげ1本1本に装着しているので、まつげが伸びるとまつげエクステも一緒に上に上がってきます。
そして全部いっぺんに取れてしまうことはなく、少しずつ取れてしまったり方向が変わってきてしまうのです。
全部キレイに取れてなくなるのは1ヶ月から1ヶ月半位になります。

まつげエクステ施術後イメージ

まつげエクステの毛質

まつげエクステの毛質

主にシルク・ミンク・セーブルの3種類が用意されています。日本に出回っているほとんどのエクステンションの原材料はPBT(ポリブチレンテレフタレート)で、シルク・ミンク・セーブルはイメージからネーミングされた商品名です。
価格・硬さ・持ちはシルク<ミンク<セーブルとなります。

シルク
付けまつげのような光沢感があり、一番硬く・太い毛質となります。
カールが取れにくいのがメリットではありますが、硬さゆえ柔軟性に欠け、方向が曲がりやすかったり、取れやすく、地まつげに負担を掛けやすいのが難点です。アフターケアが悪いと、あっという間に取れてしまいます。
ミンク
マットで品を抑えつつ、本数を付けるとゴージャスな印象になります。柔軟性があり軽く、地まつげへの負担を抑えられると共に、接着面も安定するので、シルクと比べるとグッと取れにくくなります。また、セーブルに比べ毛がしっかりしているので、同じ太さのセーブルよりカールが目立ちやすく、はっきりとした印象の目元になります。
セーブル
不自然な光沢などが一切なく、まるで地まつげのような質感です。ミンクよりも柔らかく軽い為、1番耐久性のある素材とされています。ナチュラルなボリュームが欲しい方にお勧め。

当店ではプレミアム・ミンクを使用しております。(Lカール、カラーは除く)ミンクの中でも、限りなくセーブルに近い毛質でありながら、価格を抑えたとても質の良いミンクになります。
艶、コシ、弾力があり、デザインや本数によってナチュラルな目元にも、華やかな目元にも対応できます。今までのエクステで満足出来なかった方も、ぜひ当店のプレミアム・ミンクをお試し下さい。

MENU

栃木県佐野市高萩町1299-3
ご予約お電話番号 : 0283-85-8371
定休日 : なし
※火曜日も営業しております。